お申込み

お申し込み~商品掲載までの流れ

  • flow

    初期費用の請求書を発行致します。
    (クレジットカード払いをご希望の場合は、決済URLを発行いたします。)

  • flow

    商品スクリーニングシート提出後、商品審査(3~10営業日)を行い、結果をフィードバック致します。

  • flow

    お届きの初期費用請求金額のお支払いをお願いいたします。
    (審査結果通知後 5営業日以内)

  • flow

    入金確認後、商品ページの制作に入ります。
    (10~15営業日)

  • flow

    商品ページ完成後販売開始
    (完成のご連絡をメールにてさせていただきます。)

商品事前審査の結果、販売できる商品がない場合は申込みは無効になりますので予めご了承下さい。
お手元に請求書がお届きの場合は破棄をお願いいたします。

フォーム内のとある箇所に間違いがある場合は、 当フォームからのお申し込みを中止し、担当営業までご連絡ください。

会社名
住所
-
都道府県・市区町村
丁目番地・建物名等
電話番号
代表者名
代表者フリガナ
担当者名
担当者フリガナ
担当者 役職
担当者 連絡先携帯電話番号
メールアドレス1
メールアドレス2
掲載希望 商品点数 商品
初期費用 円(税込)
月額費用 円(税込)/月
預託在庫管理料 円(税込)/月
預託商品掛け率 掛け
商品返送先 宛先
商品返送先 住所
-
都道府県・市区町村
丁目番地・建物名等
商品返送先 電話番号
基本契約内容

基本契約内容

  • 第1条(定義)

    本契約において使用する用語の定義はつぎのとおりとし、他の用語については日本国内で社会通念上一般的に使用される意味として定義されます。

    本サービス
    オーエスが運営する越境ECモール「BeautyPark玩美花园モール」サービスのことをいい、その対象地域を中華人民共和国全土(但し、香港特別行政区を含むものとし、澳門特別行政区、台湾、澎湖列島、金門及び馬祖は除くものとします)とします。
    オーエスは、必要に応じ、出品者に対して事前に具体的な変更内容を通知することにより、対象地域を変更できるものとします。
    本サービス会員
    本サービスにおいてオーエスが定める所定の規定に基づき正常な手続きを経て登録に至った個人会員のことをいいます。
    商品提供
    出品者が本サービス上に、本契約に準拠する商品を出品することをいいます。
    預託販売
    出品者がオーエスに商品提供をおこなう商品(以下、「出品商品」といいます)をオーエスの指定する倉庫に「BeautyPark玩美花园モール預託在庫規程」の条件に基づき、預け入れ(預託)し、本サービス上で本サービス会員に対して販売が完了したと同時に出品者からオーエスが買い付けをおこなう購買方式のことをいいます。
    預託在庫
    「BeautyPark玩美花园モール預託在庫規程」に定めます。
    出品商品の販売完了
    出品商品が本サービスを通じ、本サービス会員に販売商品が正常に納品された時点をいいます。
    販売完了商品
    本サービス上で適正かつ正常に、出品商品の販売完了が成立したものをいいます。
    預託在庫の所有権
    出品商品の所有権をいいます。出品商品の所有権は、出品商品が販売完了商品となった時点でオーエスに移転します。その他の預託在庫の所有権は出品者に帰属するものとします。
  • 第2条(契約内容)

    • 出品者は、オーエスに対し本申し込みフォームにてサービス申し込みを提出するものとします。
    • 出品者は、オーエスに対し本サービスの出品商品を1商品毎に既定の申し込み方法にて申請登録します。
    • 出品者は、オーエスに対し本サービスの出品商品をオーエスが指定する倉庫に預託在庫として納入するものとします。個別的に行われる納入依頼(以下、「個別納入依頼」といいます)については、第15条3項のオーエスによる通知を元に、「BeautyPark玩美花园モール預託在庫規程」で定めるものとします。
    • 出品者は、オーエスに対し本サービスの出品商品が販売完了商品となった時点でオーエスに販売完了商品を売り渡すものとします。
  • 第3条(本サービスの出品費用の支払いおよび出品商品売買代金の支払い)

    本サービスの料金体系は申し込みフォームでの申請料金とし、料金の支払い方法に関しては下記に定めるとおりとします。

    • 出品者は、オーエスからの商品審査結果通知後、初期費用を5営業日以内にオーエスの指定する銀行口座に振り込むものとします。なお、振込手数料は、出品者の負担とします。
    • 出品者は、毎月の月額費用を、毎月末日を締切日とし、翌月末日までに、オーエスの指定する銀行口座に振り込むものとします。月末が土日祝日の場合は、振込先金融機関の前営業日に振り込むものとします。なお、振込手数料は、出品者の負担とします。
    • オーエスは、販売完了商品買い受け掛率の売買代金を、毎月末日を締切日とし、翌月末日までに、出品者の指定する銀行口座に振り込むものとします。月末が土日祝日の場合は、振込先金融機関の前営業日に振り込むものとします。なお、振込手数料は、オーエスの負担とします。
    • オーエスは、出品者に対する債権債務の全部または一部を何時でも対当額において相殺して精算できるものとします。
    • 出品者は、前各号に係るオーエスの請求額に疑義がある場合、速やかに申し出ることにより、オーエスと協議することができるものとします。
  • 第4条(会社情報等の変更)

    • 出品者は、オーエスに通知した出品者の商号・名称、本店・事務所、代表者および担当者、あるいはその連絡先などについて変更があるときは、変更の事実が生じた後遅滞なく、変更事項をオーエスに書面またはEメールで通知するものとします。
    • 出品者がかかる変更事項の通知を怠ったことによるオーエスからの通知の出品者への不到達などの不利益は、出品者が負担するものとし、これにより出品者に損害が生じたとしてもオーエスはその賠償の責を負いません。
  • 第5条(出品商品の指定倉庫への搬入)

    • 出品者はオーエスが指定する倉庫(以下、「指定倉庫」という)に、あらかじめ出品者のJANコードが印字又は貼付された出品商品を搬入するものとし、オーエスは出品商品の搬入後速やかに検収を行うものとします。出品者は、出品者がJANコードの印字又は貼付の無い商品を出品したときは、オーエスは、出品商品を返品することができますが、返品せずにオーエスにおいて出品商品に出品者のJANコードを印字又は貼付することがあること、及びこの場合印字又は貼付に要する費用は出品者が負担するものであることを承諾するものとします。
    • オーエスは前項の検収を搬入日から7営業日以内に行うものとし、当該期間内に出品者に検収不合格の通知がなされなかった場合、検収に合格したものとします。
    • その性質等により前項の期間内に検収を行うことができない商品を納入する場合の検収期限は、別途定めるものとします。
    • オーエスは出品商品を善良なる管理者の注意義務をもって管理するものとし、出品商品の品質管理および賞味期限管理を徹底します。
  • 第6条(危険負担)

    出品商品の滅失、毀損その他の全ての危険は、出品商品の販売完了を以て、出品者からオーエスに移転するものとします。

  • 第7条(運送料)

    指定倉庫への搬入の運送料は出品者の負担とします。

  • 第8条(出品商品の販売等)

    オーエスは出品商品の販売を行うものとします。オーエスは出品商品を本サービスにおいてのみ販売することを原則とします。

  • 第9条(出品商品の販売価格)

    オーエスは本サービスにおける出品商品の販売価格を、原則として日本国内の出品者の希望小売価格以上で販売するものとします。ただし、特段の事情によりオーエスと出品者が必要であると双方判断し合意した場合は、当該販売価格の変更を妨げないものとします。

  • 第10条(知的財産権の不侵害の保証等)

    • 出品者は、出品商品が第三者の日本及び販売対象地域において、本契約締結時現在、知的財産権に関する紛争が生じていないこと及び第三者から知的財産権を侵害する旨の通知も受領していないことを保証し、万一侵害又はそのおそれが生じた場合には直ちにオーエスに報告するとともに、これによって生じた紛争には自己の責任と費用を以て当たるものとします。
    • 出品商品に関し第三者と知的財産権の紛争が生じたことにより(紛争が生じたことを以て足り権利侵害の事実が法的に確定するまでを要しないものとします)、オーエスが出品商品を販売できなくなった場合には、オーエスは出品者に取扱商品を返品することができるものとします。この場合、オーエスの出品者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。
  • 第11条(品質及び法令適合性)

    • 出品者は、出品商品が必要な品質を満たすこと、並びに日本国関係法令の定めに適合するものであることを保証するものとします。
    • オーエスは本サービスの顧客から、外国の関係法令に基づく問合せ、クレーム、紛争提起等を受けた場合は、原則としてオーエスが対応します。ただし、出品者はこれら解決に積極的に協力します。
  • 第12条(製造物責任)

    出品商品が、第三者の生命、身体または財産に損害を及ぼすことが予想されることが明らかになった場合、出品者は速やかにオーエスに連絡するものとします。当該事態に対しては、出品者の責に帰すべき事由によらない場合を除き、出品者に最終的な責任があるものとしますが、オーエスが商品の回収、検査、交換その他の措置を講じた場合には、オーエスはこれにより生じた費用を出品者に請求することができるものとします。

  • 第13条(表明保証・反社会的勢力等の排除)

    • オーエス及び出品者は、次の各号に定める事項を表明し、保証します。

      1. 自己及び自己の役員が反社会的勢力(平成19年6月19日付犯罪対策閣僚会議発表の『企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針』に定義する「反社会的勢力」をいう。以下同じ。)でないこと、また反社会的勢力でなかったこと
      2. 自己及び自己の役員が、自己の不当な利得その他目的の如何を問わず、反社会的勢力の威力等を利用しないこと
      3. 自己及び自己の役員が反社会的勢力に対して資金を提供する等、反社会的勢力の維持運営に協力しないこと
      4. 自己及び自己の役員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと
      5. 自己及び自己の役員が自ら又は第三者を利用して、相手方に対し暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求を行い、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと
    • オーエス及び出品者は、前項各号に違反する事実が判明した場合には、相手方に直ちに通知するものとします。
    • オーエス及び出品者は、相手方が本条に違反した場合は、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。この場合、解除された当事者は、解除による損害につき、相手方に対し何らの請求もすることができないものとします。
    • オーエス及び出品者は、相手方が本条の規定に違反したことにより損害を被った場合、相手方に対し、前項に基づく契約解除にかかわらず当該損害について本契約に基づく損害賠償を請求できるものとします。
  • 第14条(有効期間)

    • 本契約の有効期間は商品掲載開始日より1年間とします。
    • 本契約の有効期間は満了日の2か月前までに出品者又はオーエスから、契約の継続を希望しない旨の意思表示をした書面にて相手方に通知されない限り、同一条件をもって自動的に更新されるものとし、以降も同様とします。
  • 第15条(返品・欠品及び預託在庫の返却)

    • オーエスは、次のいずれかに該当する場合、出品商品を出品者に返品することができます。

      1. 第5条の検収不合格となったとき。
      2. 検収後に破損、汚損その他出品目的に適さない事由が発見されたとき、または、劣化、品質変化その他出品目的に適さない状態になったとき(いずれも保管状況などオーエスの責に帰すべき事由による場合を除く。)。
      3. オーエスが出品者に前項に基づき預託在庫を返却する場合は、オーエスは、出品者に対し返却の意思を通知した日から15営業日以内に当該出品商品を出品者の指定する場所に返送するものとします。また返却にかかる費用については出品者の負担とし、オーエスが返却出荷をおこなった日を返却完了日として、第3条第1項第2号に定める請求期間にて精算されるものとします。なお、オーエスは出品者に対して保有する債務により当該支払いを対当額において相殺して精算できるものとします。
  • 第16条(本契約の変更等)

    オーエスは、出品者に対し、本サービスの運営継続に重大な影響を及ぼす何らかの事由が発生し、本サービスの一部を変更する必要が発生した場合、事前に出品者に対し、具体的変更内容を通知することによって、本契約の一部を変更できるものとします。なお、当該変更内容の通知は、別途オーエスの定める通知期間および通知方法によって行うものとします。また当該変更による損害につき、出品者はオーエスに対し何らの請求もすることができないものとします。

  • 第17条(中途解約)

    オーエスおよび出品者は、第14条に定める有効期間内において本契約の解約を申し入れる場合、下記の条件をもって本契約の解約を行うことができます。

    • 出品者はオーエスに対して本契約期間において書面にて本契約を解約する旨を通知することで、通知した日を含む月の月末から2か月後の月末を解約日として解約することができます。また別途、中途解約料として出品者は本契約の満了月までの残月数が2か月未満の場合は、解約通知月における月額利用料の残月数相当分を、解約後の残月数が2か月以上の場合は同様に月額利用料の2か月相当分をオーエスに対して最終支払い月に支払わなければならないものとします。
    • オーエスは本契約の有効期間中であっても、出品者および出品商品に関わる何らかの事由により、本サービス運営に支障もしくは悪影響等が発生し得ると判断した場合、出品者に対して書面にて通知後、即時に解約をおこなうことができます。ただし、この場合、出品者は、当該解約による損害につき、オーエスに対し何らの請求もすることができないものとします。
  • 第18条(即時解除)

    オーエス又は出品者に、次の各号の一に該当する事由が発生した場合は、他方当事者は何らの通知または催告なく、ただちに本契約の全部または一部を解除することができます。

    • 本契約に違反し、他方当事者から相当の期間を定めた是正の催告を受けたにもかかわらず当該期間内に違反状態が是正されないとき
    • 自ら振り出し又は裏書きした手形又は小切手が不渡りとなったとき
    • 破産、会社更生、民事再生等の申立てを自らなし、又は第三者からこれらの申立がなされたとき
    • 差押、仮差押、仮処分等の強制執行を受けたとき
    • 解散、合併、本契約を担当する事業の全部又は重要な一部の譲渡若しくは会社分割が決議されたとき
    • 経営状態が悪化したとき、又は悪化するおそれがあると認められるとき
    • 公租公課の滞納処分を受けたとき
    • 経営主体もしくは資本構成に大幅な変更が生じたとき
    • 本契約の締結に当たり提出した書面、資料に虚偽の記載があった場合
    • 表明保証・反社会的勢力などの排除の保証表明事項に虚偽があったとき。又は同条に違反したとき
  • 第19条(権利義務などの譲渡禁止)

    オーエス又は出品者は、他方当事者の事前の書面による同意のない限り、契約上の地位あるいは契約に基づく権利及び義務または債権債務の全部または一部を、第三者に譲渡してはならないものとします。

  • 第20条(免責)

    • オーエスが出品者に対して負担する責任は、理由の如何を問わず、オーエスの責に帰すべき事由によることが明白に証明でき、かつ出品者に対して現実に発生した損害に限定されるものとします。
    • 出品者がオーエスに対して負担する責任は、理由の如何を問わず、出品者の責に帰すべき事由によることが明白に証明でき、かつオーエスに対して現実に発生した損害に限定されるものとします。
    • 前2項の定めに拘わらず、次の各号の一に該当する事由により、相手方に発生した損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず、本契約上の履行債務を負う者は賠償の責を負わないものとします。
      1. 天災地変、騒乱、暴動等の不可抗力
      2. 日本国刑事訴訟法第218条(令状による差押え・捜索・検証)、犯罪捜査のための通信傍受に関する法律の定めに基づく強制の処分その他裁判所の命令若しくは法令又は販売国におけるこれらに相当する処分、命令若しくは法令に基づく強制的な処分
      3. 自己の責に帰すべからざる事由による出品物の搬送途中での紛失等の事故
      4. オーエスの再委託先の業務に関するもので、再委託先の選任・監督につき オーエスに過失などの帰責事由がない場合
      5. その他 オーエス又は出品者の責に帰すべからざる事由
  • 第21条(機密情報の取り扱い)

    • 機密情報の受領者(以下「受領者」といいます)は、相手方から資料、電磁的記録媒体その他の有形な媒体により提供又は電子メール等電子的に提供された技術上、営業その他業務上の情報であって、相手方が機密である旨表示したもの(以下「機密情報」といします)について、機密を保持するものとし、第4項及び第5項に定める場合を除き、機密情報を第三者に開示ないし漏洩してはなりません。
    • 前項にかかわらず、本契約の履行に関して次の各号の一に該当する資料及び情報は機密情報に含まれないものとします。

      1. 既に公知のもの又は自己の責に帰すことのできない事由により公知となったもの
      2. 既に保有していたことを証明できるもの
      3. 守秘義務を負うことなく第三者から正当に入手したもの
      4. 相手方から書面により開示を承諾されたもの
      5. 機密情報によらずに独自に開発し又は知り得たもの
    • 機密情報の受領者は、相手方から提供を受けた機密情報について、本契約の目的の範囲内でのみ使用するものとし、複製、改変が必要なときは、事前に相手方から承諾を受けるものとします。
    • 受領者は、本契約の目的に必要な範囲において、自己の役員、従業員に対して機密情報を開示できると共に、本契約と同等以上の守秘義務を課した再委託先その他の第三者及び弁護士、税理士、公認会計士その他法令に基づき守秘義務を負う者に対して、開示できるものとします。ただし、受領者は、第三者に開示した機密情報の機密保持について、相手方に対して本契約上の責任を負うものとします。
    • 第1項にかかわらず、受領者は、法令等に基づき、開示を義務付けられる場合には、義務付けられる範囲に限り機密情報を開示することができるものとします。ただし、当該開示を行うにあたっては、必要最小限の範囲での開示となるよう合理的な努力を行うものとし、事前に(緊急止むを得ない場合には、事後速やかに)相手方に対して当該開示について通知するものとします。
    • 受領者は、契約満了時点において、開示者から返還または破棄の要求があった場合、開示者の指示に従い、速やかに機密情報を含む書面その他一切の資料(受領者が複製したものを含む)を開示者に返還し、返還が不能の場合には自己の責任において再製が不能な状態で破棄するものとします。
  • 第22条(個人情報の取り扱い)

    • オーエスおよび出品者は、それぞれの事業活動を通じて取得するすべての個人情報について、予め特定された利用目的の範囲内において、個人情報の適切な取得・利用を行い、利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取扱い(目的外利用)は行いません。また、そのための適切な措置を講じるものとします。
    • オーエスおよび出品者は個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守しなければなりません。
  • 第23条(契約終了後の取扱い)

    第20条(免責)、第21条(機密情報の取り扱い)、第22条(個人情報の取り扱い)、第26条(合意管轄)及び第27条(準拠法等)の各規定は、本契約が終了した後も有効に存続するものとします。

  • 第24条(第三者との関係および損害賠償等)

    • 出品者は、本契約に基づく業務(以下、「本業務」といいます)の遂行に伴い、自己の責に帰すべき事由で第三者に対して損害を与えた場合又は第三者からクレーム等の請求がなされた場合、自己の責任と費用をもって処理、解決するものとします。出品者が本業務の遂行に伴い、第三者から損害を被った場合、又は第三者に対してクレーム等の請求を行う場合においても同様とします。
    • 出品者ならびにオーエスは、本業務の遂行に当たり、日本国及び本サービスの適用地域の法令、条例、政省令あるいは行政通達・指導を遵守しなくてはなりません。
    • オーエスまたは出品者は、本契約の各条項に違反した場合、および故意又は過失により相手方に損害を与えた場合、相手方に対して当該損害の賠償を行うものとします。
  • 第25条(担当者)

    オーエスおよび出品者は、本業務に関する担当者をあらかじめ定めた上、相手方へ通知するものとします。本業務に関する連絡・確認等は、原則として各々の担当者を通じて行うものとします。

  • 第26条(合意管轄)

    オーエスおよび出品者は、本契約に関するすべての裁判上の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

  • 第27条(準拠法等)

    • 契約の成立、効力、権利行使、履行並びに解釈については、日本国法に準拠するものとします。
    • 本契約は、日本語により作成された書面をもって、正式な契約書面とし、他言語の翻訳書面あるいは他言語で作成した書面との間に齟齬がある場合においては、日本語によって作成された書面を正当な書面として取り扱うものとします。
    • 本契約に規定されていない事項あるいは規定された事項につき疑義が生じた場合には、法令及び日本国における商慣習にしたがい、出品者とオーエスが誠意をもって協議して解決するものとします。

料金表

出品費用の支払いおよび出品商品売買代金の支払いに関して、料金表は次に定める通りとします。

  • 出品者はオーエスに対し以下の出品費用を支払うものとします。

    1. 初期費用

      初期費用
      円(税込)
      内訳
      店舗初期登録料 円(税込)
      商品審査&登録料 円(税込)
      ※1商品あたり 円(税込)
    2. 月額費用

      月額費用
      円(税込)
      内訳
      システム利用料 円(税込)
      預託商品在庫管理料(倉庫管理) 円(税込)

      ※商品の大きさや預託商品数によって、必要な場合はオーエスが見積りし、出品者に事前相談します。

  • オーエスは出品者に対し、出品商品を次の条件にて買い受け、売買代金を支払います。

    買い取り商品の対象 販売完了商品
    販売完了商品買い受け掛率 掛け

以上

2021年3月1日

〒171-0021
東京都豊島区西池袋二丁目41番8号 I・O・Bビル7階

株式会社オーエス
代表取締役 織田 光一

個人情報使用用途について

個人情報使用用途について

  • ご提供いただいた個人情報は、以下の目的のみに使用いたします。
    • Beauty Park 玩美花园モール利用のため
    • 各種情報提供のため
    • その他、何かしらの理由でお客様とご連絡を取る必要が生じたときのため
  • ご提供いただいた個人情報はご本人の同意の上、第三者に提供することがございます。
  • ご提供いただいた個人情報は、以下の目的のために、第三者に委託することがございます。
    • EC商品販売のため
    • 広告配信のため
    • プロモーションのため
  • ご提供いただいた個人情報の利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加または削除、利用の停止、消去、個人情報の取り扱いに関する苦情、第三者提供の停止をご希望される場合は、下記の個人情報保護管理者までご連絡ください。
  • 個人情報の提供は必須ではありません。
    ただし、ご提供いただけなかった方に対しては、お問い合わせに対する回答や、ご相談に関する対応ができない場合がございますので、ご容赦下さいませ。
  • 当サイトでは、Cookieによる個人情報の取得はございません。
株式会社オーエス
 個人情報保護管理者
管理本部
 中村 泉美
TEL:0120-31-1179